毎回どうしたらいいのか聞いちゃう子

「先生ー、これどうすればいいですか?」
こういう場面は1日に何度も出くわすわけだけど、中には毎問題質問をしてるんじゃないかと思うような子もいる。

ふたを開けてみれば、問題をあまり読んでいなかったり、答えあわせをしても解説を一切読み込んでいなかったり。分からないと思った瞬間に悩んだり、考えたりせずに解説を求める。
これだと問題の数だけ質問をしてしまうことになり、時間が到底足りない。

ぼくが勉強を教え始めた当初は質問されることがただ嬉しくて、その上人に教える快感でえらく教えすぎていたと思う。
それは子どもたちからすれば、聞けばなんでも教えてくれることに他ならないし、こちら側からすればそれだけ自分が求められているようで承認欲求が満たされるwin-winの関係だった。それ故に危ない。

だから、今ではいかに教えすぎないかを考えている。

いかに教えすぎずに理解してもらうかだ、それは
分かる快感を少しでも多く体験して欲しいからだし、
勉強の多くは自分一人で行う孤独な営みであることを知って欲しいからだし、
考えぬいて出した自分の答えに責任を持って欲しいからだ。

どこまでもぼくは当事者になり得なくて、目の前の子どもたちの伴走者でしかない。

だから質問に答える仕事だけど、そして矛盾するように聞こえるかもしれないが、いかに答えすぎないかが課題だ。