今日はなんというか、だめだ

朝起きたらまだ寝足りない感覚と、体のだるさがあった。
ぼくは血圧はそこまで高くないし、むしろ低血圧なのだから日常茶飯事のことだ。
それに少し頭も痛かった。

ぼくは午前中はあまり活動的じゃない。
そして今日は輪をかけて活動的じゃなかった。

今日のTodoリストの項目は結構多いのに、それをこなしていける気がまったくしない。
こういう日はやるべきことを後回ししたくなる。いつもそうなんだけど、今日は余計に。

実家に荷物を取りに行く用事は別に急ぎではないし、早めに返そうと思っていた本も別に今日じゃなくていい、そう思って明日の自分に丸投げしている。

こんな風になにに対してもやる気がおきない日が月に2度ほどある。

今日は気づけば本をひたすら読んでいた。
読書は自分の好奇心の赴くままに読んでいればいいし、ぼくにとってやる気の有無は関係ない。
そうやって午前中をひたすら文字を追っていたら昼時になっていた。

手を抜きたい時は大抵、昼ごはんに明太釜玉うどんを作って食べる。
レンジでうどんを調理している最中にしょうがをすりおろして、天かすと冷凍していたネギ、明太子を用意する。最後に出汁醤油をかけて完成。5分もかからないのが素晴らしい。

いくらエネルギーを使っていなくてもお腹はすく。
そうやってなんとか昼ごはんをなんとかやりこなして一息ついた。

その辺りでようやくエンジンがかかってきた。
昼ごはんに使った器をシンクに持っていきそのままの流れで晩御飯の用意にとりかかり、なんとか作り終わった。

朝が圧倒的に弱いのもあるけれど、夕飯はもはや自分一人のものではないという認識が今日のぼくを動かしていると思う。